100均の製氷皿を使うとお弁当の簡単冷凍おかずが作れます

100均の製氷皿を使うとお弁当の簡単冷凍おかずが作れます

【商品名】100均で買える製氷皿

 

節約のためにお弁当を子どもと旦那の分を作る毎日。

 

だけど、毎日お弁当を作るのは大変です。かといって冷凍食品をたくさん使っていれば、節約にあまりなりません。

 

毎日のレパートリーも同じものが続いてしまい、他のものを入れようとしても手間がかかります。

 

そこで前に子どもに離乳食を作るときに製氷皿のような形の容器に入れて冷凍していたことを思い出し、これはもしかすると同じやり方でお弁当のおかずにも使えるのではないかと思いました。

節約のためにがんばるお弁当つくり

最初は子どもの離乳食作りに使っていたものを使用していました。けれども小さすぎて、旦那のお弁当に入れても一口サイズです。それに小分けするにも小さい容器に入れるのも大変です。

 

全ての材料を小さく切らないといけないので、手間が増えて面倒です。また、解凍するときもお皿に入れて加熱して、それをお弁当カップに入れるので、洗い物が増えてしまいます。結局大変になり、しなくなりました。けれどもそれでは節約にはなりません。

お弁当のおかずにちょうどいいサイズ100均の製氷皿はいろんな種類がある

100均の製氷皿はいろんな種類があります。そこでお弁当のおかずにちょうどいいサイズのものを買いました。蓋がついているので、上に重ねることができるので収納に場所も取りません。蓋は透明なので、なにが入っているのかも一目瞭然です。

 

使うときは中におかずカップを入れて、その中に冷凍するオカズを入れて保冷します。こうすると、解凍するときに別にお皿に出さなくてすむので洗い物が少なくなり、時短にもつながります。わたしは8号のおかずカップを使用していますが、サイズピッタリです。

 

サイズが大きいので、具材も小さく切る必要はありません。わざわざお弁当のオカズ用に作らなくても、夜ご飯を多めに作り、それを冷凍すれば出来上がります。おかずの種類も増えるので、お弁当のおかずのレパートリーも増えて、旦那も子どもも喜びます。簡単に節約ができるので、わたしもとても助かっています。

アイディア次第で時間に余裕が生まれると楽しくなる

朝の時間が増えると、余裕が生まれるので、子どもにも旦那にもやさしくできます。洗い物が減るので、手荒れもよくなります。

 

製氷皿を使って冷凍おかずを作ることは、発想できそうで、できませんでした。簡単にできることは長続きしますし、楽しくなります。ひじきを解凍してひじきご飯に変えてみたり、ハンバーグは煮込みに変えてみたりと、お弁当もちょっとアレンジしてみたりすることもできます。

 

製氷皿は安く手に入りますし、やり方も簡単です。節約をしたいと思っている方はぜひ、チャレンジしてみてください。

100均カテゴリの最新記事